HOME > こんな場合には相続税が軽減できます!

こんな場合には相続税が軽減できます!

相続税の計算にあたり、これからご覧いただくものに関しては特例があります。この特例の要件に該当した場合には、相続税を軽減することができます

軽減一覧

軽減特例の名称
内 容
配偶者の税額軽減

配偶者については、被相続人の財産形成への貢献や、被相続人の死亡後の配偶者の生活への配慮などから、法定相続分または課税価格1億6,000万円までの財産を相続しても相続税が課税されません。

特例を受けられる条件

  • 被相続人との婚姻の届出をしている者であり、内縁関係である場合には、適用を受けることはできません。
  • また、原則として、相続税の申告期限(10ヶ月)までに遺産分割が整い、配偶者が取得する財産が確定していることが必要です
小規模宅地の評価

マイホームの土地建物を相続した場合は、330㎡までは相続税の課税から価格の評価額を80%減額できます。

特例を受けられる条件

  • 土地を被相続人の配偶者が取得する場合。
  • 被相続人と同居していた親族が取得して、引き続き住み続ける場合。
  • 配偶者や同居親族がいない場合、被相続人が亡くなる前の3年以内に自己の所有する家屋に住んだことがない親族が取得して住む場合。
特定事業用資産の特例

相続又は遺贈により、一定の取引相場のない株式等を取得した場合には、一定の要件の下、その株式にかかる相続税の課税価格が減額される制度です。

特例を受けられる条件

ただし、特定事業用資産の特例の適用を選択しなければなりません。

相続開始前3年以内の贈与財産は、相続税の対象として加算されますが、贈与税を既に払っている場合には相続税から控除できます。

短期間のうちに相次いで相続が続くと、相続税を支払う人にとって負担になるので、相続税額から一定金額を差し引くことができます。

特例を受けられる条件

10年以内に2回以上相続があった場合、最初の相続税の一部を2回目の相続の相続税から控除できます。

未成年者控除

相続人が未成年者のときは、未成年者控除が受けられ、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。

障害者控除

相続人が障害者のときは、障害者控除が受けられ、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。

障害者控除

贈与税と相続税の二重課税を防止するために設けられている制度です。

特例を受けられる条件

相続開始前3年以内の贈与財産は、相続税の対象として加算されますが、贈与税を既に払っている場合には相続税から控除できます。

  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!