HOME > 相続税のかかる財産、かからない財産

どんな財産に相続税がかかるの?

おもな相続財産の例

財産の種類
内 容
土地
  • 宅地
  • 田畑
  • 山林など
土地の上の権利
  • 借地権など
建物
  • 家屋
  • 構築物など
現預金
  • 現金
  • 預貯金
  • 未収利息
有価証券
  • 株式
  • 投資信託
  • 公社債など
家庭用財産
  • ゴルフ会員権
  • 貴金属、書画骨董など
事業用財産
  • 商品
  • 機械装置など
その他
  • 貸付金
  • 電話加入権など

ほかには
みなし相続財産、亡くなる3年以内に贈与を受けた財産にも相続税がかかります。

逆に、どんな財産に相続税がかからないの?

相続税がかからない財産を非課税財産といいます。

おもな非課税財産の例

財産の種類
内 容
お墓など

お墓、仏壇、神棚、位牌などは祖先の礼拝、国民感情から相続税が非課税とされています。

生命保険の一部

みなし相続財産である生命保険については、
500万円×法定相続人の数について相続税が非課税とされています。

養子がいる場合には、一定の制限があります。

死亡退職金の一部

生命保険金と同じくみなし相続財産である死亡退職金については、
500万円×法定相続人の数について相続税が非課税とされています。

養子がいる場合には、一定の制限があります。

弔慰金

死亡退職金とは別に弔慰金や花輪代をもらうことがあります。
この弔慰金についても一定の金額までは相続税が非課税とされています。
①業務上の死亡~死亡時の普通給与の3年分
②その他の死亡~死亡時の普通給与の6か月分

国などへの寄付

国や地方公共団体、特定の公益法人に対する寄付については相続税が非課税とされています。


ほかには
借入金、葬式費用は相続財産からさしひくことができます。

  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!