HOME > 財産の評価はどうやるの?

財産の評価はどうやるの?

相続税とは切っても切り離せない財産。この財産はいったいどうやって価値を決めるのでしょうか。

相続財産の評価の方法

相続財産リストを作成する際に、財産をどのように評価すればよいかわからないと思います。
相続税の申告においては、財産の評価が決まらないと相続税の税額が計算できないため、財産を正確に評価することは極めて重要です。
まれに財産の評価(特に土地)で、税務署と見解の相違が生じる可能性もありますので、おおまかな評価ではなく1円単位で正確に財産を評価したい場合には、経験豊富な専門家にお願いすることをオススメします。

財産の評価の方法一覧

財産の種類
内 容
預貯金

銀行の普通預金・郵便局の通常預金は通帳の残高がそのまま評価額になります。
定期預金や定額貯金は、現時点で解約した場合の元金と利息の合計額です。

株式

上場株式は本日の終値で評価するのが一般的です。(他の方法もあります)
未上場の株式は税理士などの専門家に依頼して評価額を出してもらいます。

利付公社債

前回の利払い日から相続開始までの受け取っていない利息分(源泉所得税控除後)を市場価格(市場価格がないときは発行価格)に加えて評価します。

割引公社債

市場価格(市場価格がないときは、発行価格に相続開始日時点の償還差益分を加えた額)

建物

固定資産税評価額で評価します。
都道府県の税事務所や市区町村役場の固定資産課で確認できます。

宅地

市街地は路線価で評価します。
路線価は、税務署や国税庁のHPなどで閲覧できます。土地の形状によって、路線価に一定の補正率をかける必要があります。
市街地以外は、倍率方式で評価します。
倍率方式は、固定資産税評価額に一定の倍率をかけて計算します。

 

  • 事務所紹介
  • 報酬体系
  • あなたのやるべきことが分かります!